女性をイカせるのに激しいピストンは必要ない

「激しい刺激=オーガズムに近付く」は男性だけ

ヴァギナにペニスを挿入し、腰を動かして互いの性器同士を擦り合って男女共に気持ちよくなる。
セックスのクライマックスが本番行為であるというのは誰でも認めるところでしょう。(まあ「本番」と呼ぶくらいですからね)

 

この本番で女性をオーガズムに導く事が出来るという男性はそう多くないのではないかと思います。ですから女性の方も、本番でイクという「膣イキ(ナカイキ)」を経験した事のある人はそんなに多くないでしょう。男性が射精に達して終わってしまうセックスが多いかと思います。
男性はセックスでもオナニーでも射精というオーガズムに必ず達します。しかし女性の膣内の快感というのは男性のペニスや、同じ女性器の一部であるクリトリスと違って簡単にはオーガズムには達しません。

 

一番幸せな瞬間である本番で、自分だけではなくパートナーの女性もイケたら良いのに、と男性なら誰しも思うでしょう。女性だって本番で自分もイって満足したいという思いはあります。

 

さて、本番で女性をイカせると聞いて、あなたはどんなイメージを持つでしょう。
AVの中で繰り広げられるような激しいピストンを想像する人が多いと思います。激しいピストンをしても射精せずにいられるようでないと女性をナカイキさせられないなんていう風に思っている男性もいるでしょう。

 

しかしそれは大きな間違いです。

 

女性をナカイキさせるのに激しいピストンは必要ないのです。
男性のペニスは激しく刺激するほどに快感の高まりも大きくなる=激しく刺激すると早くイクというのを、童貞の時でもオナニーで分かっています。そしてそのオナニーのオカズとして広く用いられるAVの描写から、「女性も激しい刺激で快感が大きく高まってオーガズムに近付く」と思いがちです。しかしこれは違います。

第2のエリアを抜ける方法が、ナカイキの鍵

パートナーとのセックスを思い返してみてください。こんな経験がありませんか。

 

セックスが始まってまずは前戯、段々と女性の息遣いが荒くなりエッチな声を出したりするようになり、十分に前戯をしたところでいよいよペニスを挿入。
さらに女性の反応は高まっていく・・・・でもある程度まで来たら急に反応が鈍くなってしまう。

 

実はこれはごく正常な反応であり、決してあなたのセックスのやり方が単調で飽きてきた・感じなくなってきたという事ではありません。

 

セックスが始まった後、女性は段々と反応が高まっていく「第1のエリア」にありますが、性感が高まっていくと「第2のエリア」に入ります。
この「第2のエリア」に入ると、女性は反応の高まりが鈍くなるのです。このエリアを抜けるのにはある程度の時間が掛かります。激しくピストンをしたからと言ってこのエリアを早く抜けられるというものでもありません。ピストンを速めても男性が射精に達するのが早まってしまうだけです。

 

本番で女性がオーガズムに達する事を「女性をイカせる」という言い方をしますけど、実際にはイカせるではなく「イクまで待つ」くらいの考え方が必要なんです。
しかしただ待てば良いという意味ではありません。女性の性感が下がってしまっては、第2のエリアは抜けられないのです。

 

page top